生命保険ドットコムの評判悪い?対応が悪いって本当?

豪華な商品プレゼントで相談者を募集している保険無料相談サービスをウェブ上で見かけます。

大半の方が、とりあえず保険相談の申し込みを行えば商品がもらえると思っていますがそれは違います。

基本的には数回の面談後、アンケート回答などを景品プレゼントの条件にしています。

更に言うと、申し込んだからといって必ずしも面談が行えるわけではありません。

特に、中小のサービス業者に申し込んだ場合は、FPの登録者数が少ないため面談の予定がなかなか決まらないことがあります。

毎月の出費をどうにか節約したい、というのは将来のことを考えると感じていると思います。

保険料金を見直しを考えてもいいかもしれません。

最近、様々なメディアで耳にする保険無料相談サービスを利用してみるのはどうでしょうか?でも、いざ利用しようと思っても保険の知識がなくても大丈夫なの?相談に行ったら絶対に契約しなきゃいけないみたいで行きにくい。

という風に思ってしまう方もいると思います。

安心してください、知識がなくても現在契約中の保険の相談をしてもらえます。

その場合は、契約中の保険証券などを持っていくとよりどう行った状況かわかりやすくなります。

「保険業法」では保険の勧誘や販売についていろいろな規制をかけています。

保険業法第300条への指針として金融庁は「保険会社向けの総合的な監督指針」を策定しています。

そのため相談した人に対しての換金性の高いギフト券やビール券などの金券類をプレゼントしてはいけないという指針です。

では、お米や牛肉などの商品自体をプレゼントしている場合はどうなのでしょうか。

実は、前述の「監督指針」には商品プレゼントについては具体例が記載されておらず、新年の挨拶などでもらうカレンダーの配布などは保険業法の禁止事項には該当しないとしています。

そのため、牛肉などの商品プレゼントは「完全にクロ」とも「完全にシロ」ともハッキリしていない状態にあると言えそうです。

車の買取など様々な場面で見積もりをしますよね。

見積もりをすると各社から電話がかかってきます。

値段交渉をしたりするのが好きな人は楽しいと言いますが最近では、若い人を中心に電話が苦手という方も増えている印象を持っています。

保険無料相談サービスの場合は、強制的な勧誘で文句を言われるなど強引に勧誘してくるなど評判の悪いFPに対して登録解除を行うサービスもあるほどしっかりと勧誘に際して対策を考えています。

また、もし強引な勧誘を行うFPが担当になった場合はサービス側で用意しているストップコールというシステムを利用し、電話一本で勧誘のストップや担当FPをチェンジすることも可能です。

自宅で保険のプロと面談をしたときの心配な面に、提示されたプランに納得いかない場合断れるかは気になるところでしょう。

良心的な会社であれば強い勧誘の禁止令があったり、担当者と合わなければ違う人にかえてもらえたりといったサポートダイヤルなどがあります。

初めての面談では提案のために話を聞くだけというところも多いそうなので、事前に相談したいだけなので勧誘の必要はないことをこちらから明示しておくというのもひとつのテです。

その提案に自信があるFPさんならその辺りのスピード感も理解しているでしょうから、受け入れてくれるでしょう。

将来のことを見据えて保険の加入を考えている方、どうせ相談しに行くならサービスを選びましょう。

近所の駅前にあって行きやすいからという選択もいいのですが中には、黒毛和牛肉やお米のプレゼントを行っているサービスもあるんです。

流れとしては、各相談サービスのHPにある予約フォームから相談日を決めて、保険無料相談後にアンケートへ回答するともらえるそうです。

でも、無料で商品プレゼントを行っているサービスって強制的・強引な勧誘をしてそうという不安な気持ちを持ってしまう方もいると思います。

最近のFP紹介サービスでは、評判の悪いFPを契約を打ち切るサービスもあるなど対策をしています。

よくCMなどで聞く保険無料相談、あの人たちってどうやって収入を得ているの?その答えは、相談者が紹介された保険に加入した際の手数料です。

このシステムは相談者にとって良い面が多いです。

例を挙げると相談者が加入した時に初めて収入が発生するということは、加入してくれなければFPは無報酬で赤字状態になるため、FPの方達は紹介する内容の熟知や紹介時の説明の質を高めています。

そのため、保険自体が相談者の希望に合致していて、疑問などにしっかり答えてくれるなど良い面ばかりです。

なので、現状のままの方が最良なら別の保険を勧めたりもありません。

皆さんも保険の確認だけでもいいので気楽に相談してみてはどうでしょう。

保険の無料相談なら生命保険ドットコムがおすすめです。

Tポイントやマイルなどのポイントが保険無料相談での利用で付与されるキャンペーンがあります。

高額ポイントがもらえるサービスはあまり名前を聞いたことのないものばかりで実際にポイントが付与されるかわからないですよね。

こう行ったキャンペーンの名上がれとしては、数回の面談を実施し、アンケートに答えると付与されるという形式が多いです。

そのため、初回の面談等で契約の見込みがないと見られたら2回目、3回目の面談をなかなかしてくれないなどポイント付与の条件に満たない状態で放置される可能性があります。

そのため、ポイント目的の申し込みはやめましょう。

勇気を出して保険無料相談をA社に行ってみたら保険の乗り換えを勧められた。

保険は住宅の次に高い買い物と言われています。

そのFPが信頼できると思えたならそのまま乗り換えるのも良いのですが、できればA社の提案内容を受けた後にB社、C社にも相談をして提案内容を比較するのをおすすめします。

その際の注意事項としてA社の提案内容をB社にも見せると内容重視ではなく価格を重視して競争を始めてしまう可能性があります。

信頼できる担当者探しとしてはB社に見せた時に「A社の内容でOKです。

付け足すものもないです」と言うくらいの人や人だったらとても信頼できる方です。

ぜひ、その人に頼みましょう。

B社に見せない場合は、単純に提案内容の比較にもなります。

良い保険無料相談会社の選び方のひとつに、クチコミのチェックがあります。

それぞれどんなFPさんにどんなプランを提案してもらえたのか、重点的に調べてみると良いと思います。

良いFPさんは、特定の商品を勧めません。

顧客について詳細なリサーチの努力を惜しまないので、生活レベルに合った提案をしてくれるのはもちろんですが、時には突拍子もないように思える提案に納得させられることもあるそうな。

どこを選ぶかはFPさんによるところが大きいと思いますので、一度いろいろなところで面談をお願いしてみて、比較検討を重ねた上で決断することをおすすめします。

例えば、人から何かを強く勧められると断れないという方がいます。

そういう方の中には、保険無料相談をして新しい保険を強引に勧められ、断れずにFPの進めるがままに契約してしまう。

その結果、自分に合わない保障内容になっているなど様々なトラブルにつながる可能性があります。

なので、ここでは保険相談時の断り方について書こうと思います。

基本的にはその場で契約手続きをしないで「検討させてください」、「念のため、ほかにも相談したい」のどちらかを言えば大丈夫です。

保険は家の次に高い買い物と言われており、本当にお客様目線に立って案内しているFPなら引き止めません。

もし強引に引き止めてくるようなFPは信頼できないのでサービス元に連絡をしましょう。

不用品回収業者の様になぜ無料なのに続けられるのかわからないサービスがあります。

無料でも営業を出来ているのには何かカラクリがあるはずです。

一例を挙げさせてもらうと、保険無料相談サービスの場合では相談サービス会社は各保険会社からの契約手数料が主な収益となっています。

つまり、FPが提案した保険に相談者が変更することによって手数料が保険会社からサービス会社へ支払われるということです。

そのため、契約してもらうことが重要なので、生活状況や希望条件に対して無理な保険を勧めることは契約の得やすい、相談者にとって本当に必要な保障の案内を行ってくれます。

相談自体は無料なので、安心して利用してください。

最近テレビCMなどいろいろなところで耳にする保険無料相談サービスですが、本当に無料なの?という疑問を持ってしまいます。

無料で営業できるのか理由を調べてみました。

調べた結果、各サービスは保険会社からの契約手数料を収益として成り立っているからです。

つまり、相談サービス会社としては、提案した保険に契約してもらわないと収益が入らないことになります。

そのため、特に評判を気にしている業界となり「相談に行ったら勧誘がしつこそう」といったといった心配事はなく現在の保険内容の確認だけの利用も大丈夫です。

近年、ペットの家族化、人間化というような現象が急速に進んでいます。

例を挙げると、「ペット保険」や「ペット供養」のことです。

ペット保険とは、病気などの治療で動物病院にかかった際の治療費用を保障する保険です。

日本全国の動物病院で入院給付金や手術給付金を給付できるほか、オプションでガン給付金や死亡給付金がついた保険もあります。

ただし、毎年のワクチン接種は適用外になりますので若いペットには必要ないという方もいます。

保険料や内容が気になる方は、保険無料相談サービスでも取り扱っているようなので相談してみましょう。

今の保険を契約した際にどういったものを参考にしましたか?ランキングサイトなどネットの情報を参考にした人、職場に来た営業の人の案内などいろいろな方法で決めたと思います。

そうやって決めた結果、思っていたよりも月々の料金が負担になっている、実は保障内容を忘れているという人も多いのではないでしょうか。

保険無料相談サービスを活用しましょう。

加入当時と現在で生活状況やライフプランは変わってくるものです。

決心をして相談してみた結果、保障内容がほぼ同じでも月額が今よりも低く抑えられた、今の生活状況により合った内容を乗り換えができたという話も多いです。

参照:http://www.canadagoose-montreal.com/seimeihoken/step.html

保険料を節約したい!でも、相談に行く時間がないからどうしようと困っている方、メールで解決できるかもしれないです。

保険無料相談サービスの中でも数は少ないですが、相談のやりとりをメールで完結できるサービスもあります。

なので、受付時間は24時間365日と制限がなく、返信内容の確認も夜遅くに自宅に帰った後など好きな時間に確認ができます。

もし、メールに書いてある説明がわからない、こちらが伝えたいことのあまり伝わっていないと感じたときのために、電話で直接相談することも可能です。

もし相談途中で必要がなくなったとしてもメールで断れるので楽な気持ちで相談できると思います。

2017年4月の金融庁からの指導により保険無料相談後に相談者特典として高額な商品券をプレゼントするのは禁止になりました。

「換金性の高い商品の提供の禁止」という金融庁の指針を受けて各サービスでは、商品券からお米や牛肉など「換金性の低い特定の商品」へ変更しています。

また、現在も商品券をプレゼントするキャンペーンを行っているサービスがありますが、これは明確なルール・法令違反なのですぐになくなっていくでしょう。

もし、保険の相談を考えているのならば、キャンペーン目的ではなくサービスの質を重視して選びましょう。

相談をしたいという勢いを重視するなら街中の保険ショップへ行くという選択肢もあります。

世間でどれほどの人が保険のプロのところへ相談に行っているのでしょうか。

とあるサイトで見てみるとたった一社でも一年間で十万以上の人と面談をしているそうです。

それだけ関心が高いとも言えますし、プロの意見を聞きたくなるほど入り組んだ仕組みとなっているということではないでしょうか。

それぞれの会社の評判を調べてみると、来店型ではほけんの窓口、訪問型では保険マンモスの話が多くあります。

FPさんの質に関して高い自信を持っているところや、面談の予約等が手軽にできることが魅力的な点だそうです。

営利企業なのになぜか無料で続けられているサービスがあります。

そこには何かカラクリがあるはずです。

例えば、保険無料相談サービスの場合では相談サービスを行う会社の主な収益は各保険会社からの契約手数料となっています。

つまり、FPに相談をして提案された保険を契約することによって保険会社から手数料がサービス会社へ渡されます。

そのため、契約してもらうことが重要なので、契約の得られない会社にとって利益率のいい相談者の希望を無視した保険よりもほとんどないと思っていいはずです。

相談自体は無料なので、内容確認をするだけの方も安心して利用してください。

保険の勧誘や販売は「保険業法」でいろいろな規制がかけられています。

保険業法第300条への指針として金融庁は「保険会社向けの総合的な監督指針」を策定しています。

そのため相談者特典として換金性の高いギフト券やポイント、マイルなどをプレゼントしてはいけないのです。

では、お米や牛肉などの商品自体をプレゼントしている場合はどうなのでしょうか。

実は、前述の「監督指針」には商品自体のプレゼントについては具体例が記載されておらず、社会的儀礼として行われるお中元やお歳暮、カレンダーの配布などは保険業法の禁止事項には当たらないとしています。

しかし、商品プレゼントが一般的な儀礼の金額を超える場合は「特別利益」に当たるとされ、「完全にシロ」とも言い切れない状態にあると言えそうです。

最近テレビCMなどいろいろなところで耳にする保険無料相談サービスですが、本当に無料なの?という疑問を持ってしまいます。

なぜ無料でできるのかをご説明いたします。

その答えは、相談者から料金を取らず各保険会社からの契約手数料を主な収益にして成り立っているからです。

つまり、相談サービス会社からすると、案内した保険に乗り換えてもらうことで収益が入ることになります。

そのため、特に評判を気にしている業界となり「相談をしたら今より高い保険を勧められそう」といった心配事はほぼ起きないと思って良さそうです。

よくネット広告などで見る保険無料相談サーブ¥ビスですがなぜ無料で行えるのでしょうか?その答えは、相談者が保険に加入した際の手数料です。

このシステムは相談者から見るとメリットが多いです。

相談者が契約した時に初めて収入があるということは、加入してくれなければFPは無報酬で赤字状態になるため、保険紹介の質、紹介する保険の内容の熟知度を高めなければなりません。

そのため、保険自体が相談者に合致していて、FP側も説明をよりわかりやすくしてくれるなど良い面ばかりです。

なので、現状のままの方が最良なら別の保険を勧めたりもありません。

皆さんも保険の悩みを気楽に相談してはどうでしょう。

車の買取など様々な場面で見積もりをしますよね。

見積もり後に催促の電話がかかってきます。

値段交渉をしたりするのが楽しいという人もいますが最近では、若い人を中心に電話が苦手という方も増えている印象を持っています。

保険無料相談サービスの場合は、強引な勧誘を行ったり、評判の悪いFPを登録解除を行うサービスもあるほど勧誘トラブルへの対策が考えられています。

また、もし担当者が強制的な勧誘を行うFPだった場合はストップコールというシステムがあり、電話一本で勧誘のストップや担当者を変更することもできます。

保険無料相談を行っている会社について、比較検討するため情報をピックアップしているサイトがあります。

評価を左右する重要点としては、実際にFPさんと会えるまでの流れの簡単さや、提案できる商品が豊富にあるかどうか、そして最も見るべきはFPさんの評価の良し悪しです。

人生においても高い買い物と言われているもののことですから、一社だけでなくいくつかの会社と面談をするなどして、自分と相性の良いFPさんと最終的に先のことを決めていくのが良いでしょう。

保険無料相談で商品券をプレゼント!という宣伝文句を最近は見なくなりました。

調べてみたところ、2017年4月に金融庁が発表した指導によって相談者に対して高額な商品券をプレゼントという販促方法は禁止になったからです。

金融庁の指導の具体的な文言としては換金性の高い商品の提供の禁止です。

逆に言うと「換金性が高くないものなら大丈夫」とも解釈できるので一部の相談サービスでは商品券から「換金性の低い特定の商品をプレゼントする」と言う形で募集をしている状況に変わっています。

そのため、高額な商品券をプレゼントするキャンペーンはなくなってしまいました。

保険相談をするには来店タイプと訪問タイプとがありますが、特に訪問タイプの方ではFPさんを選ぶことができないので、実力に納得がいかなかったり相性が悪かったりする場合もあるようです。

押しの強いFPさんに当たってしまうと、納得できない契約をしてしまうことも考えられます。

威圧的な態度をとるなどして断れないような雰囲気を作るようなFPさんがいるところでは、アフターケアについても心配なのであまりお任せしない方が良いと思います。

そんな失敗を回避するにはしっかり下調べをして、信頼できる人に同席してもらうと良いでしょう。

保険の無料相談を行っている会社はたくさんありますが、その中で本当に良い会社と出会うということは、想像以上に困難だと思います。

探す際のひとつの目安としてランキングがあります。

いろいろな視点で作られたものなので、自分と相性の良さそうな会社がわかりやすくなっています。

よく名前が挙げられる会社でも担当FPさんによって合う合わないはどうしてもありますから、上位で自分と合いそうな会社を探してみるなど、上手に活かして満足へつなげましょう。

マイルやポイントサイトで交換できるポイントが保険無料相談での利用で付与されるキャンペーンがあります。

高額ポイントの付与キャンペーンをしているサービス名が聞いたことのないものばかりで本当にポイントが付与されるのかわからないですよね。

多くの場合、何回か面談を実施し、アンケートに答えるとプレゼントというパターンが多いです。

そのため、最初の面談等で相談者に契約の見込みがないと見られたらその後の面談がなかなかできないなどポイント付与の条件未達の状態で放置される可能性があります。

そのため、ポイントが欲しいからという目的で申し込むのはやめましょう。

一般的に良い評判よりも悪い評判の方が頭に残ってしまうことが多いと聞きます。

保障内容の見直しや契約状況の確認をしてくれる世間的に保険無料相談サービスに対してどんな印象を持っていのでしょうか。

口コミサイトを見てみると相談前の人の多くが「相談したらあれこれ理由をつけられて保険に加入させられそう」という心配をしていてなかなか相談へ決心がつかなかったようです。

実際に相談してみると「納得いくまで何度でも聞きにきてください」と本当に保険内容の確認だけでも快く対応してくれたなどイメージとは全く異なることがわかりました。

なので見直しをしようと考えている人は安心して相談してみてください。

保険無料相談のCMを見ていると疑問に思うことがあります。

それは「無料」ではない「有料」の保険相談もあるの?ということです。

調べてみたところ、相談サービスは有料なのが基本だったそうです。

では有料と無料でサービスの違いなどはあるのでしょうか。

無料相談の場合、FPは相談者と面談するだけでは収入が発生せず、提案した生命保険に契約してもらわないと保険会社から手数料をもらうことでお金をもらっています。

そのため、FPにとって契約時の報酬がの高い保険ばかりを提案してくる人が中にはいるそうです。

逆に、有料の相談の場合、最低限の収入が発生し、より相談者目線で親身になってくれる可能性が高いです。

保険の無料相談なら生命保険ドットコムがおすすめです。