おまとめローン審査が通りやすいって本当?審査は甘い?【おすすめ銀行】

おまとめローンというものは複数の借入れ先を1つにまとめることができるローンで月々の返済額を見直すことができます。

月々の返済額が減ることで経済的な負担が軽減するというメリットがありますがおまとめローンを利用しても返済する元本は変わりませんので返済期間が延びる事になります。

返済期間が長引けば、長くなった分だけ金利が発生するということになりますので返済する総額はおまとめする前と比較すると、増えることになるでしょう。

一方で、金融業界の常識として与信限度枠が高い人ほど適用金利が低くなりますからおまとめローンで高い与信限度額の承認がもらえさえすれば、現在抱えている借金の金利よりもずっと低金利で借り入れられることになります。

そのため、おまとめローンで金利がどのくらい抑えられるのかをシミュレーションすれば返済総額を増やすことなく、毎月の返済も楽にすることが可能になります。

銀行系消費者金融のアコムにはおまとめローンに利用できる借換え専用ローンというキャッシングローンがあります。

消費者金融は総量規制を受けるため年収の1/3を超える融資ができませんが借り換えローンの場合は例外貸付という特別措置が適用されます。

一方的に利用者が有利になることが前提である例外貸付とは借り換えを含めた総額で年収の1/3を超えてもローンが認められるというものです。

アコムの借換え専用ローンは融資の最高額が300万円ですが、実質年利は7.7%~18.0%と高めの設定になっています。

借換え専用ローンで借りたお金は何に使っても良いというわけではなくクレジットカードのショッピング枠の返済に使う事はできません。

複数の借入れを1つにできるおまとめローンはバラバラな返済日を一括管理することができます。

おまとめローンにはメリットが多いのですがデメリットも多く存在するので利用する前に熟知しておく必要があります。

おまとめローンにも通常のカードローンと同様に審査がありますが希望する借入金額が大きいので、当然、審査は厳しくなります。

毎月の返済額を少なくしたいという人は長い目で見れば、支払総額が多くなるというデメリットがあることを忘れないで下さい。

毎月の返済額が少なくなると「まだ借りられる」と錯覚する人もいるようですでに返済が終わった業者から勧誘を受けると、再び借り入れてしまう危険もあります。

おまとめローンの申し込みで一番手軽な方法はweb完結できるサイトを利用することです。

ローン手続きを他人に見られるのは気まずいと思う人には最適ですし対面作業ではないので、安心して申し込むことができます。

注意することはweb申込みとweb完結はちがうということで契約手続きまで行う事ができるのはweb完結です。

web申し込みはネットで申し込み手続きができるだけなので必要書類をダウンロードして記入し本人確認書類を郵送するローンもあります。

web完結なら自宅で気軽に手続きができるだけでなく電話連絡や郵送物をなくすことができるローンもあるので家族や身内にバレる心配もありません。

複数の金融業者からお金を借りていると引き落とし日を管理するだけでも一苦労ですね。

多重債務している人は与信限度額が低いために何社からも借りることになったのでしょう。

カードローンは借入限度額が高くなるほど金利が低くなりますから借入先は1社にまとめたほうが効率的です。

しかし、多重債務者は金融機関では歓迎されないので返済額の全てを完済できる金額を融資してもらうのはハードルが高すぎます。

しかし、多重債務者の負担を軽減するのがおまとめローンなのでまず、審査を受けることをおすすめします。

おまとめローンとは複数の金融業者から借り入れをしている人が既存のローンを一括返済するために、新規の融資を受けるためのローンです。

何件もの金融機関から借り入れをしていると返済日が何回もあるので残高の管理が大変です。

利息面でも低い与信額の方が利率が高くて不利になるので何件ものローンを1本化した方が利息を抑えられるかもしれません。

しかし、おまとめローン利用者は多重債務者なので審査の基準が厳しくなったり、断られる可能性もあります。

おまとめローンという商品を提供している金融機関もありますのでそのような業者なら前向きに審査してくれると思います。

多重債務者を救済するための商品がおまとめローンですが利用件数が多すぎると審査に通らないことがあります。

借入件数は4社ならギリギリなんとかセーフと言われていますがアウトな人の救済策を考えてみましょう。

第一に行うべきことは、これまでの返済状況の確認と各社からの借入れ金額や残高の確認です。

完済できる借金があれば整理したほうが有利になりますから利用限度枠を計算して完済できるローンを洗い出しましょう。

借入件数が多くても過去の返済で金融事故がなければ返済能力があると判断されて審査を通過するケースも多いです。

おまとめローンなら利子を減らすことができるのが利点というのですが、これは、限度額の少ないカードローンを複数社より借入れしていることが原因です。

おまとめローンを組むことで利息が減らせるかどうかは申し込む前に金利の計算をして確認しておいたほうが良いです。

おまとめローンを提供している金融機関では自社のホームページに返済シミュレーション設置している所が大半です。

金融機関の金利や借入額を入力するだけでおまとめローンにした後の毎月の金利や返済額が即座に表示されるので簡単に比較できます。

消費者金融のおまとめローンよりも銀行の方が金利差が大きいので銀行でおまとめローンを検討している人は返済シミュレーションを利用して正確な金利を計算することが重要です。

おまとめローンの審査落ちした人は次に審査を受ける前に通らない理由を突き止めましょう。

参考:おまとめローン審査が通りやすい?おすすめの銀行【審査甘い?】

通常、ローン審査には「属性審査」と「個人信用情報」の2つの審査がありそれぞれの項目で問題がなければ審査落ちの可能性は低いです。

年収は高い人なら余裕で審査通過できると思われがちですが年収の1/3を超える借入総額の場合は審査に通らないと思ってください。

勤続年数は長いほど安定性があると判断され契約社員よりは正社員の方が信頼度が高いので審査に有利になります。

多重債務者は金融業界では要注意人物なのでいわゆるブラックリストに載っている人は審査落ちは確実です。

埼玉りそな銀行にはおまとめローン専用のサービスはありませんがおまとめや借り換えにも使えるフリーローンがあります。

最高限度額は300万円と消費者金融と同じですが、金利は低く設定されており最短2時間で審査回答という消費者金融のようなスピード審査も魅力です。

総量規制の適用外なので年収による貸し出し制限もありませんし利用条件に最低年収は有りませんから、アルバイトでも申し込みが可能です。

安定した継続収入がある人で満20歳以上完済時年齢71歳未満の日本在住の人なら申し込みができますが給与所得者でも未成年は申し込むことができません。

限度額が300万円では足りないという人には「りそなプレミアムフリーローン」も提供されており前年の源泉徴収票などの収入を証明する書類が必要になります。

おまとめローンに申し込んでみたものの審査に落ちたという人はいませんか?その原因を究明しなければ、次のおまとめローン審査を受けても落ちてしまう可能性があります。

おまとめローンは年収、勤務先、勤続年数、借入件数、借入総額などが審査されこれらの条件に照らし合わせて問題が無ければ審査を通過することができます。

年収は多い方が有利になりますが、重要なことは借入総額とのバランスで借り入れ希望額が年収のうちある程度の割合で収まっているようであれば返済可能と判断されることが多いようです。

公務員や大企業の社員で勤続年数が長いほど評価が高く個人事業主やフリーター、入社1年未満という人は低い評価になります。

個人信用情報は借り入れや返済状況を照会して審査される項目でこれまでに自己破産や返済の遅延あった人、複数社から借り入れがある人は、審査が厳しくなります。

おまとめローンは複数のからの融資を1本化することで月々の返済額や利息の少なくするというメリットがあります。

でも、返済金額を抑えることができたとしても自分に合わない返済方法を選んでしまった場合、更に状況が悪化してしまうこともあります。

おまとめローンを組んでも元本は減らないので毎月の返済額を下げた分だけ返済期間は長くなります。

返済期間が延びれば延びるほど支払う利息も比例して増えていきますので返済総額は、おまとめローンを組む前より増えてしまうことは避けられません。

又、消費者金融のおまとめローンは追加融資を受けることはできませんが銀行のおまとめローンというのはフリーローンとなっていることが多いので追加融資が可能というメリットがある傍ら、借入額が増えるリスクも含んでいます。

おまとめローンとは複数の金融機関から借り入れをしている人が借入先を整理するために新規の借入先を見つけて既存の借入金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンというのは既存の金利よりも低い金利のローンから借り入れることでこれまでの借入金を一括返済して新しいローンで返済していくということになります。

両者は金融上の定義づけは異なりますが厳密に区別されることはないようでおまとめローンというサービス名ですが、実情は借り換えローンという金融機関も多いです。

一般的に消費者金融は金利が高く、銀行は審査が厳しいと言われていますが必ずしもどちらのおまとめローン・借り換えローンがお得とは言い切れないのです。

両者の決定的に異なる点は、消費者金融のおまとめローン・借り換えローンは追加融資はできないのに対し銀行はフリーローンが多く、通常のカードローンと同じように限度枠内なら追加で借り入れや返済が可能です。

おまとめローンというローンは頻繁に利用するローンではありませんから利用を考えているほとんどの人が、わからないことだらけだと思います。

手続きの方法や必要な書類などはおまとめローンを行っている金融機関のサイト上にある「よくある質問コーナー」にて回答されています。

借金総額がいくらになったら、おまとめローンを検討するべきかなどの一般的な質問についてはネットで「おまとめローン よくある質問」と検索してみると良いでしょう。

情報サイトには消費者金融と銀行のおまとめローンのメリット・デメリットもわかりやすく記載されていますし金利やサービス内容の比較等もあるため、金融機関のHPでは得られない情報が満載です。

審査に通るポイントや、通らない人の傾向などこれから組もうとする方にとって非常に有益な情報が多いのでおまとめローンの利用を考えている人は、必ず目を通すことをおすすめします。

おまとめローンの手続きを円滑に進めるために必要になる書類と手続きの仕方についてご紹介します。

必須の書類としては本人確認書類があり通常は運転免許証やマイナンバーカード等写真入の書類が必要になります。

現在の借入状況を証明する書類の有無はおまとめをする金融機関によって違うのですが消費者金融でおまとめを希望する場合には総量規制の例外貸付になりますから必要となります。

収入証明書はおまとめローンを組む金融機関によって異なりますが消費者金融の場合50万円以上、銀行の場合100万円以上のローンから必要となることがあります。

収入証明書は源泉徴収票などが該当し、特殊な書類ですのでおまとめローンの利用を検討している方は、早めに準備をしておきましょう。