住宅ローン借り換え注意すること返済休暇制度について

住宅ローンを組む際に毎月の支払いに対する不安要素として、急な出費による支払いの遅れや、出産、育児等で一定期間の収入減が見込まれ住宅ローンの支払いが苦しくなる、または勤め先の都合による勤務調整や解雇などで収入が無くなるなどといったことが挙げられるかと思います。
東京スター銀行の住宅ローン「スターフィット住宅ローン」の大きな特徴の一つとして、こういった返済が難しくなった時に頼りになる「返済休暇制度」というものがあります。
これは、インターネットで手続きをするだけで、その月の返済のうち元本部分を1円まで軽減する事が出来る制度です。
期間はひと月から最長7年まで、何回でも返済を遅らせる事ができます。
ただしこの期間の返済は、元本部分の返済は1円まで減らすことが出来ますが、利息部分の支払いは必要となります。
また、この制度を利用する場合は、あらかじめ借入時に返済休暇期間も含めた期間で借入を行なう必要があります。
ただし、借入時に返済休暇期間を含めた期間で設定していない場合でも、今までに繰り上げ返済を行なった場合には、繰り上げ返済により短縮された期間を返済休暇期間として使う事が出来ます。
将来的に転職等で職探しの期間が見込まれる場合や、出産、育児等で収入が減り支払いが厳しくなる可能性がある場合には、オススメの制度です。

住宅ローン借り換え審査の注意点は?失敗を防ぐ!【落とし穴って?】