新生銀行住宅ローンの特徴とは?

自分の家を購入する事はあこがれでもあります。
ですが、住宅購入をする際には必ず新生銀行の住宅ローン審査が必要です。
現金ですべて支払いが出来れば問題はありませんがそういうやり方は一般の人には難しいですよね。
ですから、一般的には銀行の融資に頼る方が多いです。
新生銀行の住宅ローン審査は、他のローン審査に比べて特別厳しい物だと言われています。
35年という長い月日の支払いが生じる訳ですから、中には審査に通らない人もいらっしゃいます。
審査が通らない理由としてあげられるのがやはり収入面です。
住宅ローン審査を問題なく通過するには、最低ラインで300万円以上の年収がなければいけない。
と言われています。
ただ300万円以上あれば良いという訳でなく、勤続年数・どのぐらいの規模の会社か。
という事も重要なポイントです。
住宅ローンを組む際、必ず加入しなければいけない保証会社があります。
その保険は、団体信用生命保険という名前のものです。
この保険の内容は、世帯主に命の危険があった場合、残りのローンが無くなる。
という内容の保険です。
これは残された家族はこれにより、ローンの負担がなくなる。
という特別処置です。
保険会社はそれぞれの銀行によって違いますが保証料は銀行負担という所がほとんどです。
自分が保証料を支払う必要はないので、安心して住宅ローンを組む事ができます。
住宅ローンを組もうと思ったらまず、どの金融機関に融資を申し込もうかという事を決めないといけません。
例えば、銀行・ネットバンク・信用金庫・労金など多くの金融機関で住宅ローンを組めます。
各金融機関ごとの新生銀行の住宅ローン審査の違いは特別大きな違いはありませんが、ネットバンクは店舗がない為、取引はすべてネットを介してになります。
実店舗に行かなくて良いのでとても好評です。
人件費や店舗運営費が削減できるのでその分金利が低く設定できるのが特徴です。
ネットバンクは月の支払いを少なくしたい方や忙しい人達にとても人気がある住宅ローンです。
新生銀行の住宅ローンを組むにはまず頭金と言う物が必要です。
頭金無しでも住宅が購入できる!という広告もありますが、確かに頭金を支払わなくても購入は可能でしょう。
その代わり、月々の返済額は膨らみます。
月々の支払いを少なくしたいのであれば、やはり頭金を最初に少し支払うのが良いでしょう。
頭金の目安は物件購入の20%と言われていますが、住宅を買うとなると他の費用もかかりますので目安を20%として、支払える範囲で検討する事をお勧めします。

新生銀行の特徴は?住宅ローン借り換え研究!【他にないメリットって?】