成長ホルモンとダイエットの関係とは?

成長ホルモンをダイエットに取り入れることで、効果的に痩せることが可能になることが知られています。
基本的に、基礎代謝量は10代を目安に減少していくことがわかっています。
それは成長ホルモンの減少とも重なっているのです。
成長ホルモンは身体の生成などを促す効果があり、そのために成長期にはエネルギーを消費する量が多いというわけです。
そこで年齢によって基礎代謝量が落ちてしまっても、成長ホルモンを摂取することで太りにくい状態を作ることが可能なのです。
ただし、摂取したからといって何もしないで基礎代謝に任せるといった方法では効果はありません。
そのことで、エネルギーを消費して、脂肪を筋肉に変えることが可能になるのです。